株式会社 協栄製作所

"設計→解析→試作→評価→生産"までのもの創り提案で、時代のニーズに応えるKYOEI

特許出願中

板金チューブへブッシュ圧入し、突き合わせ部位が開き錆が発生してお困りの方に朗報です。

弊社にて設計開発した順送板金チューブにて、1mm程度の隙間を空ける事で突き合わせ部に電着層を確実に密着させる事が可能で、ブッシュ等の圧入時に突き合わせ部が開き、その部位から錆が発生する事を回避させる提案です。

内径公差は、板厚と材質によりご相談させて頂いています。

 突き合わせチューブ

ブッシュ圧入時に有効

その他の板金チューブ商品として

その他の商品として、写真右の異形連続断面のアーム(パイプ化)を高張力鋼板590材を順送プレスにて成形を実現し採用頂いています。

技術開発事例一覧に戻る

Contact 製品についてお気軽にお問い合わせください。